ヴィンテージウェディングドレスの魅力

ヴィンテージウェディングドレスの魅力をたっぷりとご紹介します。
結婚式に参列した時、一番印象に残るのはやっぱり花嫁のウェディングドレス姿です。最適なヴィンテージウェディングドレスの選択ポイントもしっかりレクチャーしますよ。
楽しみながら、あなただけのウェディングドレスをお探しになって下さいね。

 

くるみボタン

ヴィンテージウェディングドレスの最大の憧れともいえる、くるみボタン。
ヴィンテージならではの凝ったレースたっぷりの背中にたくさんのくるみボタンがずらりと並んだドレススタイルは、クラシックさと気品があふれており、ドレス選びの時の外せないオプションの1つです。

ファスナー開閉のドレスにも、くるみボタンを付けてアレンジできます。
ドレスと一緒にくるみボタンをお買い上げされたお客様には、無料でボタンをお付けするサービスをいたしております。ドレスご注文前に必要な個数をお尋ね下さい。

くるみボタンのご注文はこちらから

 

2wayドレス

ヴィンテージウェディングドレスのデザインには、後ろトレーンが着脱式になっているものがあります。後ろ腰のところにあるホックにトレーンを引っ掛けて装着するようになっています。
トレーンがあると豪華なイメージに。


トレーンを外すと、Aラインのドレススタイルになります。

挙式にはトレーンを付けて、披露宴やパーティーではトレーンを外すなどすると、1枚のウェディングドレスでイメージが一新しますよ。

 

バッスルスタイル

トレーン付きのヴィンテージウェディングドレスは、長いトレーンをたくし上げて腰のくるみボタンに留め付けることで、クラシックなバッスルスタイルにすることができます。
披露宴やパーティーで長いトレーンが邪魔になってしまう場合は、バッスルスタイルがお勧めです。トレーンを汚さず動き回りやすくなります。

最初からバッスルスタイル仕様でないドレスは、バッスルスタイルができるようにお直しも承っております。

バッスルスタイルのお直しはこちらから

 

 

ヴィンテージドレス素材について

ヴィンテージウェディングドレスの素材は、ポリエステルシフォンやオーガンジー、サテン、コットンリネン、麻、コットンなどの素材があり、コットンレースやデザインの凝ったアランソンレースが使われています。
いずれの素材も真っ白のお色は少なく、経年によりオフホワイトかクリーム色、アイボリー色へと変わり肌なじみの良いお色となっています。

コットン(綿)やさらしていないモスリン素材(厚くしっかりした生地)、麻や綿のレースを使ったアイボリーやクリーム色の天然素材のウェディングドレスは、屋外でのガーデンパーティーや動き回るパーティー向き。
生花の冠やブーケ、また白いストローハットに白い生花やお花をあしらった帽子がよく似合います。


クリーム色やアイボリーのアンティーク感ある薄いチュールやオーガンジー、柔らかくて薄いローン生地を使用したウエディングドレス、ビクトリア朝デザインのハイネックに胸元シアーレースのドレスなどは上品で格調高く、落ち着いた雰囲気の花嫁様を演出します。
クラシカルなボンネやヘッドピース、レース付のヴェールなどを合わせると教会での挙式などによくお似合いになるでしょう。



 

ヴィンテージウェディングドレスの選び方

結婚式のスタイルは?

結婚式のスタイルは、キリスト教式?それとも神前式? 人前式? 海外挙式?
バージンロードの長い格式ある教会での挙式なら、ハイネックレースにシースルーの長袖、レースの豪華なロングトレーンのあるクラシカルで上品なヴィンテージウェディングドレスに、ゲスト一同うっとり。


神前式なら、シンプルで肌の露出の少ない長袖のすっきりとしたAラインやエンパイアラインの厚手ドレスやサテンのドレスなどはいかがでしょう?

人前式なら、友人達とたっぷりとおしゃべりしたいので動き回りやすいショート丈のドレスや、親しみやすいフェミニンなデザインのウェディングドレスなどがお勧め。
海外挙式ならコンパクトに収納できて、しわになりにくいウェディングドレスが持ち運びしやすくていいかもしれません。

ご希望の結婚式のスタイルに合うウェディングドレスをぜひ考えてみて下さいね。


 

披露宴のスタイルは?

いよいよお楽しみの披露宴。
披露宴スタイルは、ホテルでの豪華な披露宴?
それとも親しい人たちだけのお食事会?


会場はアンティークな洋館?それともガーデン?
ビーチでのウェディングやキャンプウェディングもあり。
何人くらいのどんな会場でのパーティーするかを考えながら、ウェディングドレスを考えてみましょう。
 
挙式用のウェディングドレスと、披露宴パーティー用のドレスに分けて購入されてもいいですね。

 

ドレスサイズについて

ヴィンテージウェディングドレスは、現代の肩を大きく出したベアトップデザインのウェディングドレスと違って、ワンピースのように着こなせるドレスがほとんどです。
バスト、ウエストサイズを参考に、ジャストサイズより少しだけゆとりのあるサイズをお選びください。
着丈については、着丈+20cmがご身長くらいですと、おおよそ床に着く長さとなります。

サイズについて詳しくはこちら


 

ヴィンテージウェディングドレスの年代デザイン

1930年代〜40年代のウェディングドレス

ヴィンテージドレス30年代
すらりとしたIラインや、マーメイドラインのデザイン。
1940年代より以前のドレスに多いデザインで、サテン生地を使ったウェディングドレスが多くみられます。
映画「ダウントンアビー」のドレスデザインもこの年代になります。

すらりとしたIラインやマーメイドラインのドレスは、シルエットが洗練された大人っぽい印象ですっきりと細く上品に見せてくれます。
コーディネートはレースキャップやボンネなどを合わせて楽しみたいドレスです。

 

 

 

1950年代のウェディングドレス

ヴィンテージドレス50年代
映画「ローマの休日」のオードリーヘプバーンを思わせる
ギュッとしまった細いウエストに、生地をぜいたくにたっぷりと使ったサーキュラースカート。
パニエやペチコートでスカートをふんわりとふくらませたスタイルは、1950年代に多いデザインのウエディングドレスです。

ロングドレスのほかにも、短め丈のバレリーナのようなドレスデザインも多くみられます。
エレガントで華美なドレスは清楚な感じがありながらも、可憐さと甘さがあり女の子らしさも感じさせてくれるドレスです。
 

 

 

 1960年代〜70年代のウェディングドレス

ヴィンテージドレス70年代
ウエスト位置が高めのエンパイアウエスト(ハイウエスト)にAラインロングスカートのドレススタイルは、1960年〜70年代に多いデザインのウェディングドレスです。

体のラインをきれいにカバーしてくれ、ナチュラルかつ清楚なイメージを演出してくれます。
リネンやコットンガーゼ生地などを使ったカジュアルなデザインのものも多くあります。

 

 

 

 

 1970年代〜80年代のウェディングドレス

ビクトリア朝ドレス
シフォンやチュールにレースをふんだんに重ねたヴィクトリア朝デザインのウェディングドレスは、1970年代〜80年代に多いデザインのウェディングドレスです。

ハイネックに続いて背中に長く並んだボタン、胸元や肩、袖に透けるチュールやヴィンテージレース。
パールビーズやスパンコールなどを使ったアンティーク感いっぱいの雰囲気をもつウェディングドレスデザインです。
ルネサンス中世風のイメージで、エレガントで奥ゆかしい貴婦人を演出してくれます。

 

 

 

1980年代のウェディングドレス

サザンベルスタイルドレス1980年代〜90年代に多いデザインのウェディングドレスで、ティアードスカートやフリルをふんだんに使い、大きくふくらんだパフスリーブやサテンをたっぷりと使ったプリンセススタイルのドレスです。
イギリスダイアナ王妃のウェディングドレス。

ロココ調ドレス、マリーアントワネットのようなドレスを演出するドレスで、その華やかさから披露宴やパーティー用のドレスとしてもお勧めです。


 

 

お問い合わせ

 

お電話でのお問い合わせは、050-3546-2030 で、月曜〜土曜の9:30〜18:00 となります。
小さなサロンですので、作業中電話に出られないことがあります。
留守番電話にご用件を入れていただければ、折り返しお電話させていただきます。

ご注文は、日祝日もご注文いただけます。
メールのお問い合わせ返信は、24時間以内に返信しておりますが、休日の場合は翌営業日となります。

 

ヴィンテージドレスのお問い合わせ

   

ヴィンテージウェディングドレスコーディネート

ヴィンテージドレス卸売

ドレスサイズガイド

ご注文ガイド


>